ドラゴンエイジーブラッドメイジの聖戦ー

ABOUT THE MOVIE

  • 「ドラゴンエイジ−ブッラッドメイジの聖戦−」劇場グッズ 好評発売中!
  • ケータイ/スマートフォン対応 待ち受け画像プレゼント
  • DragonAgeⅡ公式サイト
  • Twitter公式アカウントはこちら

最新情報

劇場グッズの発売が決定!

2012年2月03日

『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』の劇場グッズの発売が決定いたしました!公開日の2/11(土)から、上映劇場ほか下記サイトより通信販売でもお買い求め頂けます。是非チェックしてみて下さい! クリアファイル 価格:350円(税込み) A4サイズ メモ帳 価格:350円(税込み) A6サイズ ポストカードセット 価格:420円(税込み) 4枚1セット Tシャツ(Mサイズ) 価格:3,150円(税込み) 男性向けMサイズ (身丈:約68cm、身幅:約50cm) Tシャツ(Lサイズ) 価格:3,150円(税込み) 男性向けLサイズ (身丈:約71cm、身幅:約53cm) お買い求めは劇場もしくはオンラインストアにて! オンラインストア:http://www.toenta.co.jp/store/

映画×ゲーム連動企画が決定!

2011年12月22日

2012年2月11日(土)より『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』の公開が丸の内ピカデリーにていよいよスタート! 本作の公開を記念して、ゲーム『Dragon AgeⅡ』で使用できるアイテムがダウンロードできるカードを来場者限定でプレゼント! 詳しくはこちら!

本日、劇場予告映像公開!

2011年12月22日

公式サイトに予告編をアップしました! 劇場予告映像には、本作メインキャラクターの声優を務め、日本を代表するロックアーティストGACKTさんによる主題曲が使用されています! ぜひご覧ください! 劇場予告映像はこちら!

公式サイトリニューアルオープン!

2011年12月16日

本日『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』公式サイトがリニューアルオープンしました。 ポスタービジュアルに加え、メインキャストのインタビューも大公開! 最新情報やお得な情報をどんどん告知していきます。 待ち受け画像も無料でプレゼント中! 是非チェックして下さい。

主題歌にGACKTが決定!

2011年12月07日

『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』の主題歌を、本作の主要キャラクターとして出演を決定した日本を代表するロックアーティスト、GACKTさんが担当することが決定しました! ご期待下さい! タイトル:「Until The Last Day」 アーティスト:GACKT

主要キャラクターのキャスト発表!

2011年12月07日

2012年2月11日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて劇場公開を発表した『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』の主要キャラクターとキャストが発表になりました! 詳細は以下のページをご覧下さい! キャストページはこちら! キャラクターページはこちら!

EA クリエイターインタビューPart1公開!

2011年11月24日

原作ゲームのエグゼクティブ・プロデューサーのマーク・ダラー氏と、クリエイティブ・ディレクターのマイク・レイドロー氏のインタビュー到着! なぜ日本で、日本人監督で映画化するのか。そして物語と原作ゲームはどのようにリンクをしていくのか? 2回に分けてお届けするインタビュー第1回目を掲載しました。 EAインタビューはこちら!

2012年2月11日(土)、「ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-」劇場公開決定!

2011年9月20日

大人気ゲーム『ドラゴンエイジ(Dragon Age)』が『ベクシル-2077日本鎖国-』の曽利文彦監督の陣頭指揮の下、劇場アニメ作品として劇場公開されることが決定いたしました。 全世界で累計販売本数600万本を突破し、独特な世界観と映像美、奥深いストーリー設定が人気を呼び世界中のファンが急増中の大人気ロールプレイングゲーム『ドラゴンエイジ(Dragon Age)』の完全劇場アニメ作品、『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』の制作進行状況と様々な情報を伝えます。 公開日:2012年2月11日(土) 上映館 : <東京> 丸の内ピカデリー 新宿ピカデリー <神奈川>横浜ブルク13 <埼玉> MOVIXさいたま <大阪> なんばパークスシネマ <京都> MOVIX京都 <兵庫> MOVIXココエあまがさき <岡山> MOVIX倉敷 <愛知> ミッドランドスクエアシネマ <北海道> 札幌シネマフロンティア <宮城> MOVIX仙台 <福岡> 福岡中洲大洋 リアルな表現と人間ドラマで世界中を熱狂させた壮大なダーク・ファンタジーと、日本のアニメ技術が高水準で結びついた、今まで存在しなかった「超リアル・アニメ・エンターテインメント作品」をご期待下さい。